元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

ポエム「追憶と海」

「お待たせー」

「おせーよバカヤロー」

「あ〜 今私の水着に見とれてたでしょ?」

「バカヤロー。あっちのギャルに見とれてたんだよ」

「何それ!」


そんなことを言いながら俺は実際、
エリカの水着姿にくぎ付けになっていた。

まるで別人のプロポーション。水際のエンジェル。

若干尻が垂れているのが気になったが、
さほど問題ではなかった。


エリカの魅力に気づいたのは俺だけではなく、
浜辺にいる男たち全員がこちらに注目しているのがわかる。


「すごい注目されてるな」

「私を独り占めできて光栄でしょ?」

「へいへい。俺みたいな虫けらと一緒にいてくれてありがとよ」

「サイトウは虫けらじゃないもん!」


そんなことを言いながら、俺たちは海に入った。

その瞬間、強い波が来た。


「あぶない!」


エリカを支えたのだが、そのまま顔がかぶさってしまった。


「あ…」


期せずして、二人の唇が触れ合い、
ファーストキスは波の中でになってしまった。


「あは…」

「あはは…」


どちらともなく笑いあい、このまま幸せな時間が流れると思った。

しかし…


「私もう行かなくちゃ」

「え? なんで?」

「これから『パッチギ』の収録があるの」

「なんか変な名前の映画だね。でもそれで売れたら、

俺なんか捨てられちゃうんだろうね」


その瞬間、エリカの顔が険しくなった。


「サイトウのバカ! 私は…ずっとサイトウといたいのに…」

「え…お前…泣いて…」

「別に。海水だよ」


俺はそんな彼女をただ抱きしめた。


俺が24歳、沢尻エリカが19歳の夏だった。