読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

松本さん不在の『ガキの使い』で起こった放送事故

前回のガキの使い
松本人志さんが「左股関節唇損傷」という謎の怪我(病気?)でガキに出れないという異常事態。
しかし、それすらも企画に変えてしまうガキ使スタッフの応用力が炸裂し、「松本人志の活動休止を検証」という面白い内容になっていました。

マネージャー藤原さんが、ワイドショーのように各スポーツ新聞を検証。AKB新メンバーの記事のほうが大きかったり、M-1エントリー開始の横にものすごく小さく扱われていたり、面白い素材を紹介していました。

問題が起こったのは、「松本人志の代役は誰か?」という企画になったときのこと。

ビデオリサーチの結果を忠実に言っていただけだが、これが悲劇を招いた。
ランキングの上にシールが貼られていて、それをはがしながら発表していく方式。

藤原さん「一位から発表します。一位はなんと浜田雅功さん!」

会場からは「えー」という声。

浜田さん「そうなの!?」

藤原さん「二位です。(めくると、くりいむしちゅーと書かれている)」

会場「えー!」

遠藤さん「くりいむさんや」

山崎さん「そうなんや」

藤原さん「三位は、こちらの方。(めくると、島田紳助と書かれている)」

浜田さん「普通、パッとイメージでいうとこの人(紳助さん)が一位でもおかしくない…」

山崎さん「そうですね!」


そして…事故が起きた。


藤原さん「四位が、こちらの方です(めくると、太田光と書かれている)」

会場「あ〜」

田中さん「太田さん…」

浜田さん、山崎さんノーコメント。藤原さんも何も言わず。

それもそのはず、松本さんと太田さんは犬猿の仲。それどころか、松本さんは一言も爆笑問題の名を出しませんし、色々イジる浜田さんや高須さんも、その名にだけは触れません。

交わらぬはずの二つの巨星があらぬ形で交わり、会場には微妙すぎる空気が流れたのでした。


≪ 首相 少数政党に連携呼びかけ ≫
電子書籍 昨年度は23.7%増 ≫
Google電子書籍 来春国内でも ≫
富士通Android端末投入へ ≫
ソニー 3D撮影デジカメ発売へ ≫

ツイッターアカウントは@kokono516