元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

【妄想】もしも『大日本人』がフリートークだったら

浜「ウルトラの父と飲み明かしたことがある松本さんに質問です」

松「楽しかったね」

浜「日本には、ウルトラマンの他に巨大化するヒーローがいると聞いたのですが、それはどのようなヒーローですか、教えてください」

松「あなた仮面ライダー知ってますか?」

浜「はい」

松「仮面ライダーもヒーローやけど、巨大化しないもんね」

浜「そうですね。あれはそのまま戦いますからね」

松「巨大化するヒーローがいるんですよ」

浜「なんちゅーの?」

松「大佐藤」

浜「は?」

松「佐藤が大きいと書いて、大佐藤ですよ」

浜「なんやそれ」

松「佐藤が、そのまま大きくなって、敵と戦うんですよ」

浜「え、なんか銀色のタイツみたいなん着たりせえへんの」

松「タイツみたいなんて。そうです。そのまま。あ、パンツだけ履いてますね。紫の」

浜「裸に紫のパンツで戦ってるの? でっかいおっさんが?」

松「そうです」

浜「どうやって戦うの?」

松「棒でたたきます」

浜「え…スペシウム光線みたいなのないの?」

松「ないですよ。でっかいおっさんやもん」

浜「それはどうやって変身したの? 普段は普通のおっさんなんやろ?」

松「乳首を器具的なものではさんで電流を流すんですよ。ビリビリって。それで大きくなります」

浜「はあ!? それいたないの?」

松「めっちゃ痛いですよ。当たり前じゃないですか。だから基本変身したくないんですよ」

浜「うーん…」

松「変身失敗すると乳首だけでかくなりますからね」

浜「気持ち悪ッ!」

松「右がS極で左がN極…違う、右がN極で左がS極やったかな」

浜「どっちでもええわ」

松「大きくなったときに下半身を隠さないといけないんで、でかいパンツだけあてがった状態で変身するからね」

浜「というかさあ、敵の怪獣はどういうのが出てくるの? ウルトラマンみたいな感じ?」

松「うーん…怪獣ではないんですよ。別に怪しくはないんで。大佐藤にしてみれば毎月のように見てるから、獣って呼んでるよね」

浜「ほなええわ。その獣はどんななの?」

松「顔は竹内力やね」

浜「え、獣も人間なの?」

松「竹内力の顔に足一本生えててピョンピョン跳ねるよね」

浜「気持ち悪いなあ」

松「しゃーないやん。獣やねんから」

浜「じゃあなに、パンツ一丁のでっかいおっさんと、竹内力に足が一本生えたやつが戦ってるの?」

松「そうや」

浜「全然人気なさそうやな」

松「人気全然ないですよ。というか大佐藤、嫌われとるからね」

浜「え、大佐藤嫌われとるの(笑)?」

松「うん」

浜「地球守っとるのに?」

松「めちゃめちゃ嫌われてますね」

浜「それおもろいやん」

松「家にいっぱい落書きされとるからね」

浜「いじめられてるやん」

松「家で飯食ってたらたまに石投げられますからね。ガシャーンて」

浜「いややわそんなん」

松「嫁と子供に逃げられてるからね」

浜「悲しくなってきたわ」

松「子供は大佐藤の後を継がなくちゃいけないからそりゃ逃げるよね」

浜「乳首に電気流されるから」

松「右がS極で左がN極で…違う、左がS極で…」

浜「どっちでもええわ!」