読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

第二回IPPONグランプリ感想〜ジュニア幻想の終わりと戦国時代の始まり〜

第二回IPPONグランプリが行われ、設楽統が優勝しました。

【よかった点】

茂木健一郎がいなくなっていた。誰からも必要とされていなかったので、非常に妥当な判決だと思われる。MEGUMIはいてもよかった気もするが、松本さんの純粋なコメントを多く聞けるので、やはり一人にしたのは英断だった。
松本さんの解説が素晴らしかった。「大喜利」という、ともすればその場限りになりそうなものを、順番や、空気、パターンについてなど、多角的に解説されていた
・ホリケンの理外からの攻撃が面白かった。
・若林の安定感が素晴らしかった。
サバンナ高橋の盛り上げが素晴らしかった。
・なんだかんだで緊張感を作り出すジュニアさんが素晴らしかった。
・設楽の「ケンタウルスが怒った一言とは?」に対する答えが神がかっていた。
・鬼奴のヘタウマな絵が素晴らしかった。
・くーちゃんの理外からの攻撃が面白かった。

【悪かった点】

・お題を一般に発表しているので、回答者がこの場で考えているのか、ある程度事前に考えてきたのかがわかりにくかった。
・松本さんの模範解答が少なかった。


しかし面白かった。
次回が楽しみ。

二連敗でジュニアさんの幻想が崩れたと思ったら…

次の『ジュニア枠』できっちり取り返していました。
「たとえ場」も「ジュニ歩き」も面白かった。

ツイッターアカウントは@kokono516