元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

Sokakkoii宇宙の感想

2018年10月の『重力と呼吸』以来のCDを買いました。

 

Sokakkoii宇宙

 

発売日にワクワクしながらCD屋に行く感じ。

 

「あれ、ないのか」と思ってよく見たらあって、店員さんと無言のコミュニケーションをしながら買う感じ。

 

あと何回味わえるのでしょうか。

 

1曲目 彗星

 

「そして2020年 全力疾走してきたよね」

 

オザケン版WowWarTonight。

 

オザケンから我々への応援歌。

 

戦場の男の子たちのその後。続き。

 

人間讃歌。

 

タモリさんがハードル上げすぎたけど、よく聴くといい曲。

 

「2000年代を嘘が覆い イメージの偽装が横行する」

 

原発のこと、日本政府のこととかだったら問題が矮小になる。宇宙じゃなくなる。

 

オザケンにはそっちに行ってほしくない。ホームページとかでいくのはまあいいけど。作品では。

 

もっと壮大なこととか、逆にもっと人間のしょーもない業のことなら深い。

 

 

2曲め 流動体について

 

彗星からのつなぎが素晴らしい。

 

それがあるからアルバムの意義がある。

 

一曲一曲聴くなら配信でいいし、YouTubeでいい。

 

手拍子二部作(?)。

 

Mステにおっさん化したオザケンが出てきた。

 

目も悪くなり、ギターも似合わなくなった。

 

そこで「夜の芝生に舞い降りるときにぃー(↑)

 

にぃーいー」

 

…めちゃめちゃかっこいい。

 

挑戦することをやめてない。

 

2010年代の音楽界に戦いに来た。

 

王子様とか言われて余裕こいてたときの、ラブリーのときの10倍かっこいい。

 

流動体についてっていうタイトルも意味不明でかっこいい。

 

誓いは消えかけていないのか。

 

戦場の男の子たちのその後。続き。

 

 

続く