読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

マグネットパワー推進派と反マグネットパワー派(注:キン肉マンのネタバレあり)

f:id:owadaraita:20160223132037p:plain

相変わらず面白い「キン肉マン」。

 

私は勝手に旧キン肉マンと区別するために「完璧始祖(パーフェクトオリジン)編」と呼んでいます。

 

 完璧始祖編は完璧超人との戦いなのにも関わらず、今まで完璧超人完璧超人たらしめてきた能力「マグネットパワー」が出てきませんでした。

 

あえて今に残していたのか、完全に忘れていたかはわかりませんが、いよいよ出てきて、面白いことになっています。

 

「第160話 始祖達の亀裂!」で、このマグネットパワーという圧倒的な力の運用に対して、完璧超人始祖の中でも、意見が分かれていたことがわかりました。

 

マグネットパワーを発見したのは、なんとサイコマンでした。

 

この人最初はバッファローマンの噛ませかと思ったら、なんか重要人物になってきましたね。

 

 この圧倒的パワーを超人パワーと融合させていき、どんどん使っていこうというサイコマンに対し、筋肉バカのアビスマンが「そんなものは邪道だ」と反対します。

 

ペインマンも「自分で鍛えた力ではないものは賛同しかねる」と言って慎重な議論を促します。

 

ガンマンは、マグネットパワーに反対賛成云々よりも、サイコマンが嫌いなため「シャババババーッ! 誰が貴様の考えなんかに…」と反対します。

 

そしてサイコマンがリスペクトしているシルバーマンが、なんと最大の反対派に。「永久に監視し封印すべき」と、積極的反対論を唱えます。

 

体勢決したと思ったその時、ザ・マンが「私はいいと思う。私たちが扱うのだから問題ない。何があっても私たちなら判断を誤ることはない」と言いきります。

 

これにより、

 

推進派→サイコマン、ザ・マン

積極的反対派→シルバーマン、アビスマン、ガンマン

消極的反対派→ペインマン

無言→ジャスティスマン、カラスマン、ミラージュマン、シングマン

 

となり、結果は反対になりそうなものですが、

完璧超人は、マグネットパワーを運用していくこととなります。

 

議会制民主主義に近いものはあるものの、

結局ザ・マンが決めればそれが決定するという、変則的な君主制なのでしょうか。

 

しかしまさか、キン肉マンでエネルギー問題の国会討論を見るとは思いませんでした。こんな感じだったのに。

 

f:id:owadaraita:20151003005524p:plain

 

マグネットパワーを運用し、極限までに極めた天才集団ヘル・ミッショネルズが、超人タッグトーナメントを席巻するのは、まだ数千年先の話です。