元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

笑けずり(09/18)でAマッソラスト前のネタは笑い飯さんリスペクトを隠そうともしなかった

9/18の笑けずりで、いよいよ最後の一組がけずられました。

 

そのいわば準決勝で、Aマッソは笑い飯さんリスペクトを隠しもせずにぶつけてきました。

 

二人「はいどーもAマッソですよろしくお願いします」

加納「今日でな、最終日ということで。えらいもんで晴れましたな」

村上「どこがやねん」

加納「どこがやねん。そーですかー」

村上「そーですかちゃう」

加納「でも思うけどね、世の中には自分の知らないことがまだまだたくさんあるな」

村上「ああそう。なんか知った?」

加納「そうそうそう。これ知ってる? マンホールの裏には何が描かれているか」

村上「マンホールの裏?」

加納「知らんやろ」

村上「知らんなあ」

加納「実はマンホールの裏には、この世で一番美しいものが描かれているという噂やで」

村上「この世で一番美しいもの…それって」

二人「檀れい

村上「檀れいかいおい」

加納「今日は二人で、マンホールのひっくり返し方について考えよ

 

設定は、笑い飯さんよりもイリュージョンです。

そこから、「はい、思いつきました」と言って、交互にボケていきます。

 

そして終盤。

 

加納「はい! 檀れいです」

村上「ご本人?」

加納「ご本人が案を出してくる珍しいパターンです」

村上「はい! 檀れいです。宝づかづか娘やくやく」

加納「キャッチコピーおもんな。

かん、ぺいです」

村上「かんぺいかい、どっかいっとれ。

はい! 弁慶です。痛い!」

 加納「なんやそれお前。

はい! ビン テージです」

村上「違うやろ。チノパンや。

はい! なん でい です。なんでい!」

加納「それほんまになんやねん」

 

 これはまさに、M-12005笑い飯さんの一本目のネタ「ないなーないなー」だ。

 

西田「ないなーないなー、これ色違いだとサイズ合うのないねん」

哲夫「買い物行ってんのか! 

ないなー 靴べらないねん」

西田「贅沢言うなよ!

ないなーないなー 靴あったけど足入れる穴ないねん」

哲夫「見たことないわ!

ないなーないなー アディダスの三本ラインの真ん中のラインがないねん」

西田「ニセモノやないか!

ないなーないなー おいしくないなー」

哲夫「食べなやそんなん!

ないなー 元気ないなー」

西田「知らんがな!

ないなーないなー まだ帰る時間じゃないねん」

哲夫「じゃあ何しにきてん!

ないなーないなー 味ないなー」

西田「お前も食うたんやないか!

ないなーないなー ないないなー」

哲夫「いないいないばーやないかい!

チャイナ―」

西田「チャイナやないやないか

ファスナーファスナー」

 

これに対し、審査員の大竹まこと氏は

「あそこまで展開広がると思わなかったから笑っちゃったな」

と絶賛しました。

 

芸人は、オリジナルを目指すため自分のリスペクトしている芸人があまりにじみ出ないようにする傾向にありますが、勝負のこの日に、憧れの人達リスペクトを思い切りやったのはよかったんじゃないでしょうか。

 

f:id:owadaraita:20150921004541p:plain