読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

平成ノブシコブシ徳井さんがアツアツっで語った売れる芸人の共通点

ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』に平成ノブシコブシさんが出ていました。実は徳井さんのほうがぶっ飛んでることや、吉村さんが元々松本人志さんのようにボソっというタイプのボケだったけど又吉さんと丸かぶりで且つ面白さで負けていたのでやめたことなどの話も面白かったのですが…実はぶっ飛んでいて、しかも策士である徳井さんが売れている芸人さんの特徴を語っていたのが興味深かったです。


吉村さん「2007年に、あるコント番組の出演が決まるんですよ。その時、僕は27歳くらいで、これ大チャンスだと思って、ここで失敗したら、もう俺ら無いぞってことて、(徳井に)発破をかけるわけですよ」


2007年…コンバットだろうか。というか、そうだろう。



吉村さん「『あんなツッコミじゃ全然ダメだ』とか『もっとテンポよくやろうぜ』『テンション上げていこうぜ』とか、ブワーッて言ってたんですよ」


よくある、片方がストイックで主導権を持っているコンビのダメ出しの話だと思ったが…実は主導権を握っていたのは徳井さんの方だった



吉村さん「でも、徳井が『いや、俺らが売れるのはここじゃない』って言うんです。『この番組、2007年じゃない。俺らは絶対、31(歳)か32じゃないと売れないから』って言われて」


まるで占い師のように、2007年が勝負ではなく、まさに今…2011年〜2012年のブレイクを預言した徳井さんだが、そこには確たるロジックがあった。



徳井さん「そで率って言うんですかね。無限大ホールにモニターがあるんですけど、(自分たちがネタをやっているときに)そこのモニターにどれだけ芸人が集まってるかの率ってあるじゃないですか。芸人が好きな芸人。2700とかもスゴイ高いんですよ。そういう人って、不器用な人が多いってイメージが俺にはあって。そういう人が、あれやこれや道を変えれば遠ざかっていくって俺は思ってるんです


これ、薄々思ってたけど、言葉にできなかったやつです。徳井さんすごい。遠ざかっていった人を何人も知っています。そしてノブシコブシさんも、そで率の高い芸人だったので、変なことはせずに貫いていこうと言って今があると。


キュートンのみなさんも、スリムクラブも、ポイズンガールバンドさんも…時に客席からははてなマークが出ている空気ながら、芸人から注目され、それを貫き、羽ばたいていきました。


…そう考えると、そで率が高く、かつその芸を貫いている、ニンゲン、水面、セクシーJは、もっと売れてもいいと思うのですが…。