元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

ちゃんとしてなきゃいけない芸人と松本師と私の葛藤

ずいぶん前の話になってしまいましたが、アメトークで「ちゃんとしてなきゃいけない芸人」という企画が行われました。川島(麒麟) 徳井(チュートリアル)、若林(オードリー) ヒデ(ペナルティ) 板倉(インパルス) 石田(ノンスタイル) 宇治原(ロザン)たち(敬称略)という「ちゃんとしてなきゃいけない芸人」が出て、最後に上島(ダチョウ倶楽部) 出川哲朗 狩野英孝という「何でもOK芸人」が現れてひっくり返すというオチです。

まずこれを見た方はどのようなことを思ったのでしょうか? 「出川www」とか、「ちゃんとしてなきゃいけないのも大変だな」という感想が多いのでしょうか。

もう一歩進むと(戻ると?)なんで芸人でちゃんとしてなきゃいけないんだろうという疑問が浮かぶのではないでしょうか。そもそも「芸人に成ろう」と思った時点で、ずいぶんちゃんとしていません。

番組サイドとしてもややわかりにくいと思ったのか、「ちゃんとしてなきゃいけない芸人」と「何でもOK芸人」を対比するパネルを作り、観客の理解を確かめます。

そう、この企画は、サクっと行われたものの、実はかなりディープな一見さんお断りのものだったんじゃないかと思っているのです。

このメンバーがなぜちゃんとしていなきゃいけないのか。「相方がおかしなことになったから」という理由に石田氏と若林氏とヒデ氏が手を挙げていました。まあそれはわかったような、わからないような、まあでもわかる理由です。なんでこんな言い回しになったかと言うと、なんで相方がおかしくなったら自分がちゃんとしてないといけないのかという証明は成されなかったからです。

さらに、徳井氏、板倉氏、川島氏は、理由さえ言われませんでした。

一つには、徳井氏川島氏は男前だから、ということがあります。完全な証明ではないものの、高い確率で推測できます。板倉氏は、それでもわかりません。

実は、なぜちゃんとしてなければいけないのかという結論を知っている男がいます。

それが、孤高のコーイチロー…つまり私です。

なぜ、ちゃんとしていなければいけないのか。










ちゃんとしていないとスベるからです。







証明終わり。






女装してみる、一発ギャグをしてみる、かむ、キチガイキャラをやる…ことごとくスベりました。


ウケたのは何か。ちゃんとした地点にまず身を置き、世の中のことに突っ込んでいくフリップ芸、ちゃんとした地点に身を置き、世の中に突っ込んでいく漫談、ちゃんとした地点に身を置き、物でコントをする物コント、やや難しくなりますが、明らかにコントということを明確にして、でもちゃんとした感は出すコントです…最後のは、説明するのも演じるのも難しいし、スベる確率も高いからあんまりやりたくない感じです。


ということで、レベルは違えど徳井さんも若林さんも、本当はキチガイやりたいはずなのです。根はキチガイのはずなのです。自由に生きたいはずなのです。でも、ちゃんとしてるのです。なぜなら、「ちゃんとしてなきゃいけない芸人」はちゃんとしてないと、スベるから。飯が食えないから。そこに芸人の哀しさがあります。人間の哀しさ、逆に人間賛歌があります。


そして、最強のちゃんとしてなきゃいけない芸人がいます。




松本人志さんです




松本師のこと等、需要がありそうならまた書きます。