読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

マジックメールでのノブコブ吉村氏に見る口説きのテクニック

昨日のロンドンハーツSPで、マジックメールがあった。

賛否両論ある企画で、私も決して全面的に肯定というわけではないが、あんながんじがらめの中で見える芸人さんの素のテクニックには、学ぶべきところがあると思っている。

今回は、平成ノブシコブシ吉村氏の技術が光った。

小松彩夏と居酒屋で飲み屋で一対一になったとき。「普段は3対3だからこういうのは苦手だ」と言いながらも、果敢に1対1で仕掛けていった。「一対一で逃げない」という、第一期岡田ジャパン時代の課題を見るようだった。

そこで吉村氏が見せたのはこういうもの。


「俺がこの後で冗談で『家行く?』とか言ったときに、『行く』ってなったらぐっと肉食になる感じ」

男性にとっての最大の難関は、最後のその一言を言ったときに引かれるか否かということ。そこを先んじて制しておくことで

冗談だよ、アハハ

と言える逃げ道を残しているのだ。相手がその気でもその気でなくても対応できる…居飛車でも振り飛車でも対応できるシステムだと言えよう。

さらに時間が過ぎ…


「しんどかったら帰ってもいいし、もしくはホテル行く? ダハハハ」

シリアスに相手の身を案じることもしつつ、逆にホテルに誘うほうでは「ダハハハ」と、またも「おふざけだよ」で済ませれる逃げ道をも作っている。常にリスクヘッジを心がける投資家のようだ。

そして決める言葉が

キスがしたい

あくまでキスだけである、という一つの嘘。

破天荒の生き様の裏のテクニックの数々。

ぜひ参考にしたいものだ(?)。