元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

オンバトプラスチャンピオン大会の観覧に行ってきた(ネタや結果については一文字も書いてません)

先日、オンバトプラスチャンピオン大会の観覧に行ってきました。

17時10分にNHK内階段集合。…内階段ってどこだ? わからず警備員に聞こうとすると、先に聞いている人がいたので、その人についていく。すると、あっさりあった。だけど、若干わかりにくかった。

客層は、ほぼ学生。大学生っぽい人、高校生っぽい人、中には中学生っぽい女のコの一団もいた。平日のこの時間ということを考えると当然か。ガチ相撲とは違う客層。基本は相当わかりやすいネタじゃないとダメなんだろうなーと思った。…かと言ってジャッジペーパーの感想に「設定はよかったけど落ちが今イチだった」とか「キャラが空回りしてた」など書かれているので、うるさがたのお笑いファン対策も同時にしないといけないんだろうなと思った。

まずは客の控室に。そこで番組の作家…かなりベテランの方(たぶん井上さんという方)に、諸注意…というか、基本的なオンバトプラスのコンセプトを説明される。

そして199人でスタジオに移動。スタジオで、例のボールが流れる巨大な台を見て感動。だが、よく見ると、手作り感があるなーと思った。…まあ手作りだから当たり前なんですけど。さらに「よくボールが詰まるので、はじっこの人は見ていて、詰まってたら転がしてください」という注意があった。はじっこの人責任重大だなーと思った。

斉藤アナウンサーが現れ、今日で最後だということをつげる。明るいし男前だし、お笑い愛も感じられるいいアナウンサーだなーと思った。この先なんの仕事をするかわからないが、お笑い系続けてほしいと思った。

そして芸人入場。ホームページに掲載されている既出の情報を書きます。


<第1回チャンピオン>
トップリード

<視聴者投票第1位>
タイムマシーン3号
(15ポイント ※オンエア3回の合計…6811票)

<年間ランキング1位>
井下好井
(1511KB)
年間ランキング
2位 バイきんぐ (1499KB)
3位 ラバーガール (1495KB)
4位 ソーセージ (1475KB)
5位 span! (1463KB)
6位 ムートン (1447KB)
7位 ザ・ゴールデンゴールデン (1439KB)

戦いは…まず、正真正銘ガチでした。まあ、疑ってる人もいないと思いますが、「誰を勝たせよう」みたいな意図を感じさせないもの。

そして戦いも、強い人が上がっていくなあ、と、自分が入れたボールと違う人が勝っても納得できる結果ばかりだった。

ただ…自分が入れた人と違う人が勝つのが二回続くと隣の人に「こいつセンスないんちゃうん?」って思われそうで怖かった(?)。あと、あまりにも隣の人と違うほうに入れることが続くと「こいつ俺に対抗してんちゃうん?」と思われそうで怖かった(?)。…たぶん、何かの病気ですね。

それと、どんどんネタ→計量と怒涛のように進んでいくので、なかなかジャッジペーパーを書くタイミングが難しかった。


そして優勝者が決まったのだが…シードは二本、そうじゃない組は三本勝負ネタが無いといけないというのは過酷だと思った。しかも、正式なルールはわからないが、番組でオンエアされたものをやるのはさすがになしだろう。ということは…オンエアされるためのネタも作りつつ、最強の鉄板三本を作れないと、オンバトのチャンピオンになれないことになる。ということは、だ。芸人さんに幅広く門戸が開かれていると言っても、結局単独ライブを打てるくらいの実力のある人たちじゃないと難しいのだろう。そして事務所も、それを考えて推薦するのだろう。

そして1DAYトーナメント。三本のネタ、当たり前だが飛ばせないし、噛めない。どれほどの隠れた練習量があるかは少しは想像できる。格闘技のような、壮絶なものを見た。

31日の22時55分〜NHKで放送です。

コーイチ☆ローが書いた、お笑い分析とブログには書けない裏話たっぷりのメルマガ月額315円