元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

ゴールデンボンバーはサザン病なのか

昨日の記事で、ダウンタウンをリスペクトしすぎた芸人が「ダウンタウン」にかかってしまうということを書いたが、ミュージシャンの中に「サザン病」にかかってしまった人たちを発見した。それがゴールデンボンバー

2004年ボーカル鬼龍院 翔とギター喜矢武 豊を中心に結成。ボーカル:鬼龍院 翔。ギター:喜矢武 豊。ベース:歌広場 淳。ドラム:樽美酒(ダルビッシュ) 研二。エアバンドという形態+面白いライブ、なんだかんだいい曲が多いこと、なんだかんだカッコいいこと、ドラムのダルビッシュのブログが面白いことなどでブレイク。

そのベストアルバムを聴いてみると、「サザン病」ではないかという曲を発見してしまった。

TSUNAMIのジョニー


渚で水面を見ながら
灼熱の陽を浴びる
振り向いた君の髪に見とれて
僕の夏が帆を上げる


誰にでも優しい笑顔が
ビーチの色を変えて oh- uh- so sweet!
繰り返す波に熱を冷まして
火照る素肌にキスをする


何度名前を呼べど つれないね
僕の釣竿が空を切る oh oh oh
けれど止まらない鼓動に目が冴えて
君の姿 焼き付いた 僕の心に


oh!TSUNAMIのジョニー 渚を駆け抜けて
僕の胸の痛みも全て波に消えてく Hoo
please!TSUNAMIのジョニー サヨナラ言わないで
彷徨いめぐり逢えたの この茅ヶ崎


何処かで誰かが言ってた
君の噂話 oh- uh- baby!
過去には戻れない時の運命(さだめ)が
僕の海を苦く染める


されど変わらぬ想い 引き連れて
僕の胸は君で満ちる oh oh oh
本当は逃げ出したくなる程不安で
夏が過ぎた頃 僕は誰と居るだろう?


oh!TSUNAMIのジョニー この心揺らして
遠き日の過ちも全て今このために Hoo
please!TSUNAMIのジョニー 涙こぼさないで
君を連れ去って行くよ あの江ノ島


停車場まで君を送った僕は
不意に君が消えてしまう様な
胸のざわめきに飲み込まれ
気が付けば抱きしめていた


oh!TSUNAMIのジョニー 渚を駆け抜けて
僕の胸の痛みも全て波に消えてく Hoo
please!TSUNAMIのジョニー サヨナラ言わないで
彷徨いめぐり逢えたの この茅ヶ崎


…あっ。


これはただの



悪ふざけでした。