元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

山-1GP2011 感想

山崎邦正さんもおっしゃるとおり、「M−1」無き今、日本のお笑い界を背負って立つ人間を出す数少ない場、それが「山ー1GP」。

…酔っぱらった山崎さんは「M−1グランプ」とおっしゃってましたが…。

M-1GPのごとくレビューしてみたいと思います。

敬称略ですm(−−)m

【一組目】オープンスペース(よしもとクリエイティブエージェンシー)5年目


高橋(ボケ?)「やーみなさん、新年早々、デブがいますよ」
砂金(いさご。ツッコミ?)「お前だよ!(ビンタ)」
高橋「ひゃははは」
砂金「どう考えても。ブタのくせに」
高橋「ブタじゃないですよ」
砂金「じゃ、何?」
高橋「ピッグです」
砂金「ブタじゃねーかよ!(ビンタ)」
高橋「ひゃははは」
砂金「ピッグは英語でブタなんだよ、ブタ!」
高橋「ひゃははは…ふー」
砂金「そんなことよりね、医療ドラマにハマってるんですよ。
で、好きなシーンがあって、息子の手術を待っていて、
手術が終わったっていう」
高橋「あるねそういうシーン」
砂金「先生、うちの息子は、うちの息子はどうなったんですか!?」
高橋「申し訳ありません。全力は尽くしたのですが、残念ながら…」
砂金「なんでだよ、うちの息子が…なんでだよ!」
高橋「ドッキリ!」
砂金「なんなんだよ!(ビンタ)
何がドッキリなんだよ(ビンタ)なんなんだお前(頭ビンタ)」
高橋「ひゃはははひゃはははひゃははは…グー(ぶたっぱな)」
砂金「いい加減にしろ」
…名前は目にするが、ネタは初めて見た。
なかなかのエンターテイメントだった。
が、浜田さんはネタ中にメールチェックをしていた

山崎さんの点数は10点。


【二組目】2700(よしもとクリエイティブエージェンシー)7年目


十島「素敵な曲を用意しました。よければ聴いてください。
右ひじ左ひじ交互に見て(歌いだす)。右ひじ左ひじ交互に見て
(デニムのタンクトップ、ショートパンツのツネが現れる)
十島「ズン、ティルンティンツティンツン
右ひじ左ひじ交互に見て
(ツネが歌に合わせ両肘でエルボーのようなことをやり出す)
十島右ひじ左ひじ交互に見て
ズン、ティルンティンツティンツン。
この前、友達の紹介で、美容クリーム買ったのさ。
チチテンテレンテッテレン。
右は塗ってない。
左だけ塗ってーる。
綺麗になったかみんなに確かめて…ほ、し、いから!
右ひじ左ひじ交互に見て
右ひじ左ひじ交互に見て
右ひじ左ひじ交互に見て
ティルンティンツティンツン。
靴を見て。すねを見て。ひざを見て。
太腿を見て。腰を見て。わきばらを見て。
胸見て。胸見て。
とんとんとんとん、さあ来たよ。
右ひじ左ひじ交互に見て
ズン、ティルンティンツティンツン。」
漫才でもコントでもないが、
何かの大会があれば優勝できるくらいのクオリティなのではないだろうか。
100%「右ひじ左ひじ交互に見て」というのが来ることが100%分かっていても防げない、ガード無視の攻撃。
できた時期はわからないが、これも間をたっぷりとってふざける「アンチ手数」のネタという気がする。

山崎さんの点数は10点。


【三組目】とっしー(よしもとクリエイティブエージェンシー)11年目


(フルーツ山盛りのデザインの帽子をかぶって現れる)
とっしー「こんにち、和歌山みかん!
フルーツ大好き、フルーツおじさんだよ、どうぞよろしくお願いし、マスクメロン
そんなフルーツおじさんが、特技を披露したいと思います。
フルーツだじゃれがすっごく得意なんで、
三つ、フルーツの名前を挙げてもらったら、
即興で、そのフルーツの名前を入れ込んで、
ちょっとした話を作ることができるんです。」
山崎さん「マスカット」
とっしー「マスカット。おいしいですよね〜」
松本さん「レモン」
とっしー「レモン、すっぱいですよね〜」
浜田さん「桃」
とっしー「桃、ピンク色ですよね」
とっしー「では、マスカットと、レモンと、桃ですね。
熟しました!」
とっしー「オリジナルです。オリジナルです。
フルーツおじさん、この間若くてかわいいピーチピチの女のコに恋をしちゃって、
どうしても付き合ってほしくて、色々買ってあげたの。
あレモン、こレモンて。なのに、フラれちゃった。
まあでも、それはそれで、マースカッとしましたよね。
フルーツです!」
遠藤さん「個人的な感想なんですけど、Wコロンに似てるなって思ったんやけど」
とっしー「ちょっと僕フルーツチャンネルしか見ないんで知らないんですけれども」

…実は、客にフって、その場でアドリブでやるというのをWコロンさんよりも(寄席ではやってたのかもしれませんが)
とっしーさんよりも先にやっていた男がいる。

それが、ライティング斉藤プロデュ―ス芸人第一号、波乗りコ―イチローだ。
観客からいただいた一文字からボケを作り、それにノリツッコミをするという…。
時代が早すぎたというか、革新的すぎたというか、プログレッシブすぎたというか、眩い理想に幻惑されたというか、力不足というか、身分不相応だったというか、とにかくAGEプロでスベり倒して終わりましたが。

とっしーさんへの山崎さんの点数は、10点。


四組目は古賀シュウさんの渋い政治家のモノマネ、五組目は小林けん太さんの音芸と続き、


【六組目】加トゥー直也(マセキ芸能社)13年目


加トゥー「二丁目的、早口言葉!
それそれそれそれ!
ふわふわふわふわ!
生麦生米生はだか祭は二丁目で開催中!
赤巻き紙青巻き紙黄巻き紙、カルーセル、真紀!
坊主が屏風に上手にマッチョの絵を書いた。
それ買います! 予約します!」
遠藤さん「本物じゃないでしょ?」
加トゥ「失礼なこと聞いて…おげんこー!(拳を振り上げる)」
遠藤さん「松本さんにお酒でも注いであげたらどうですか?」
加トゥ「あらよろしいかしら!?」
松本さん「遠藤もうええよ。それ以上言うたら俺が遠藤におげんこ〜

山崎さんは10点。


後半は来週やるということ。

2700は過小評価されてるんじゃないか

《 きょうから通常国会 予算焦点 》
《 新卒でTOEIC730点義務化 武田 》
ミクシィ、ドイツ最大のSNS「Vznet」と提携--プラットフォーム共通化で合意 》
《 高城氏「勝手に離婚合意と」 》
《 兄弟漫才 喜味こいしさん死去 》