元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

M-1GPとはなんだったのか 後編〜TバックTバックラバーソール〜


 のび太の万能感、ということを以前に書いた。たいがいの若者は、その不確かさに気づいた時、怯えるし警戒する。根拠のない万能感のまま突っ走れば、いつかは破滅が来るであろうと容易に想像がつくからだ。ところがXは、彼らは、破滅を承知で一気に駆け抜けるという生き方を選び、やはり見事に、砕け散ったというわけだ。
「かなわない」
 という僕の想いは、ライブパフォーマンスの優劣よりも、彼らの、将来への不安はあるがままに、ともかく突っ走るという、その目的本位の選択に対してだったのかもしれない。
 ギタリストのHIDEは、98年、他界している。
リンダリンダラバーソール大槻ケンヂ新潮文庫



「理想はときに、大きな傷跡を残す。そしてときに、計り知れない狂気の集合体となる
「U.W.F。20年前、格闘王前田日明が立ち上げた革新的なプロレス団体」
「U.W.F以外は全部嘘だ」
「今まで格闘技戦で人が死んだことはないですけど、今日もしかしたらそうなっちゃうかも」(U.W.Fを観にきていた男性)
「格闘技を食えるようにしたのは、U.W.Fですよ」(前田日明


「そして、眩い理想に幻惑された二人の若者」
「正統派U.W.F 孤高の天才 田村潔司
「田村はU.W.Fに心酔し、青春の全てを捧げた」
スクワット2000回くらいやったんですけど、冗談で先輩に『あと1000回くらいできるんじゃない?』って言われて『できません』って言っちゃったんですよ。そしたらボコボコに殴られて、あと1000回くらいやらされて…」(田村潔司
道場でね、練習生が亡くなったんですよ。練習中にね。取り返しのつかないことなんですけどね」(前田日明


「急進派U.W.F 蘇ったサムライ 船木誠勝
新日本プロレスから引き抜かれたスター候補。だが、真剣勝負に飢えていた男には、このリングさえ狭すぎた」
「これは本当の戦いではない。これは最強ではない」
「あらゆる狂信的な集団がそうであったように、内ゲバを繰り返し、2年半で崩壊」




ただ、本当の戦いが、したかった
2008年 DREAM2 田村潔司VS船木誠勝戦煽りVTR




天下分け目の決勝戦もM−1GPですが、


一回戦二回戦という局地戦もまたM−1GPそのものだと思うわけですよ。


コンビの人はもちろんそこに死力を尽くしていくわけですし
(この10年、全ての若手漫才師はM−1のために1年を使っていたのではないだろうかッ…?)


ピンはピンで、即席コンビを作り、参戦してみたりするわけです。


そして2008年、私は、あるファイターに注目していました。


それが、おかっぺさん


東京NSC5期生、私の二年先輩。


わらいのじかん』『ぐるぐるナインティナイン』出演という実績も去ることながら…


おかっぺさんが舞台に出ると、


開始20秒爆笑が起こるのです。


ただ…


そこから笑いがしぼんでいってしまうのです…。


これはDisってるわけでもなんでもなく、そこも含めて好きなところなんですが…




おかっぺさんのネタは大体いつもこんな感じでした。




Tバーック! TバックTバックTバック…好きなパンツは…おパンツ!


好きな車は、おベンツ! おパンツ!





知性のかけらもない始まりですが、これが開始20秒、鬼のように爆笑を生みます。


これを、なんとかうまく活かせないものかと考え…ある策を思いつきました。


そして、M−1という史上最高のタッグトーナメントに参戦するために、




モンゴルマンを誘うバッファローマンの気分でおかっぺさんをお誘いに行ったのです。




結果は…






あ、いいよ






と即答。




ITベンチャーの社長なら成功しそうな決断力の速さです。






そこから私たちの練習が始まりました。




まずは私の主旨説明。


おかっぺさんの開始20秒の爆発力は、誰にも負けないものがある。


それを活かしたネタにしたい。


そのために…




私がカンフル剤になる




20秒ウケる…普段ならそこで失速するところを、あえて俺が一旦止める。失速するんじゃなく、あえてブレーキを踏む。そして再度改めて、おかっぺさんにネタをしていただく。これを四回繰り返すと80秒。1分20秒。残りが私の時間で、M−1一回戦既定の2分になります。


その中で、私は一応ツッコミというポジションになるのですが、あえてハリセンを使うことにしました。


「TバックTバック」言いながら暴走するおかっぺさんの頭をハリセンで思い切り叩く。


これで一つの笑いになると思ったのです。


そして、練習が始まりました。




10月、夕方の代々木公園…


マラソンランナーや、ベンチで愛を語らうカップルの中…




TバックTバックTバックおパンツ!




という声と




バシッ




というハリセンの音が響き渡ります。






何度も何度も…




すると…






あ、なんか頭クラクラしてきたからハリセンやめて






と言われました。










狂った季節






です。










そして当日…






私の予想通り、




爆笑が起こりました






そして、












1分で失速しました










私のカンフル効果は、20秒を1分にしただけでした。








そして、一回戦敗退しました。
















Because we can, can, can
Yes we can, can, can, can
Can, can, can, can, can

Because we can/ファットボーイスリム






松本人志新作「さや侍」は時代劇 主役は野見さん! 》

《 流出の保安官 停職受け辞職 》

石井慧、31日はバンナと対戦 》

上原さくら 会社社長と婚約 》

麻木久仁子ツイッターで刺され会見。大桃元夫とは破局「今になってなぜ」 》