元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

そろそろロンドンハーツについて語ろうか

いよいよDVDが発売されるロンドンハーツ。

そろそろロンドンハーツについて語るときが来たと思います。

そしてそれは俺が有資格者だッ!

ダウンタウンさんが深夜からゴールデンに、

後を追いナインティナインさんが深夜からゴールデンに、

そしてココリコさんが深夜からゴールデンに…

と、吉本興業が深夜から明らかにある一組の芸人を押し、天下人を作る流れができていた1994年〜1997年。

次は誰かと思われていたとき…異色の二人が現れます。

それがロンドンブーツ一号二号。

ダウンタウンさんは文句なく突破。

ナインティナインさんは賛否両論あったものの、それでも賛がかなり多く天下人に。

ガキの使いダウンタウンさんにいわば「お笑い免許」をもらっていたココリコさんもお笑いファンに迎えられ天下に。

しかし、ロンブーさんは、ナイナイさん以上に世論を二分します。

いわく

「ルックスだけじゃないか」

「若者人気」

「コントやってない」

等々、否定の声も多く聞かれました。

では実際はどうだったのか…。


私は「ガサ入れ」を見たときから、淳さんの隠れファンになっていました。

一見女のコに焦点を当て、言ったら女の部屋を見せるエロ企画に見せていましたが…

実際には

淳さんの怒涛の物ボケ&女のコイジり

確かに切り口は今風で、さんまさんやダウンタウンさんとも違うものの、根底にあるものはストロングスタイル。

決して外見だけのDQN兄ちゃんではなく、しっかりと笑いを作っていきます。

しかしこのときの私は松本信者極右を自他共に認めており(今もかなりですけど)

なんか「ロンドンブーツが好きだ」とか言うとナメられると思い(すごい失礼な話ですが)

黙っていました。

というか、今の今まで黙ってました。

そして1997〜1998年のロンブーさんが面白かったのは、

亮さんがちょいちょい喋っているところ

マシンガンのように進行&物ボケ&女イジリをする淳さんも、亮さんが喋ると一旦止まってきっちりと相手しています。

今のように流したりしません。

そんなところもDVDにはおさめられているのでしょうか…。

そしてロンドンハーツにはもう一つ、大きな論点があります。

それは…


ガチなのか


というところ。

(続きます)


民主党代表選、菅首相再選 》
《 NY市場、15年ぶり82円台に 》
トイザらス公取委立ち入り 》
よしもとばななさんの新刊、電子書籍でも発売 毎日新聞社から 》
楽天KCビットワレットら3社、電子マネーEdy」搭載の「楽天カード」 》