元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

そろそろ範馬刃牙について語ろうか2(ネタバレあり)

ドリアンVS加藤というかなりの裏切りを行った板垣氏。
これで、独歩か克巳が仇討を果たしていれば、この作品はもしかしたら、まだ完璧な作品でいれたのかもしれません。

加藤の次は…刃牙の最初の敵であった、末堂がドリアンに戦いを挑みます。

ZEEGがラオウに挑むような、無謀な戦い

秒殺で終わるのならいいのですが、ダラダラっと、3〜4週続きます。

どうやら、ここで板垣先生は味を占めたようです

何やら、とにかく予想を裏切ることをすれば、読者は喜ぶのかと。

そしてその概念は最悪の結果に。

なんと、ドリアンが実は烈と同じ海王一門だったことが明らかになります。

刃牙史上、最大の無駄なエピソード。ただ予想さえ裏切ればいいという、先を考えない暴挙。

ここでこの作品は完全に「謎の予想裏切りマンガ」になってしまいました。


…と言っても、それでも、まだまだ面白かった。


続きます。

ツイッターアカウントは@kokono516