読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

吉本興業単独ライブ争奪リーグ戦 第一回戦2

吉本興業の単独ライブをするために戦うリーグ戦をJ-POPcafeというところに銀座ポップさんと見にいきました。


ぶんぶんボウルVSワンドロップ。


対戦で、審査員をするということで、客が固い。


こうなると、トップバッターは難しい。


いつもの力を出せずにぶんぶんボウルは敗れた。


もちろん、ワンドロップは面白かったのだが。


金座銀座VS子宝。


子宝がこの日一番のウケを取り、金座銀座に4票しか入れさせない圧勝。


しかしその結果を受けて、金座銀座が「名勝負でしたね」とコメントしていたのが面白かった。


MCのガリットチュウさんも食いついて、W杯のスペインのようにここから這い上がればいい、と味方になっていた。


何があっても最後まで面白いことを言おうとしないとダメだ。


ぺんぎんナッツVSみそバーボン。


みそバーボンは、いつも明るい歌のお兄さんの裏側の顔、というネタだったが、ギャップが作り出せていなかった。


ぺんぎんナッツは、個人的にはポップすぎる気がするが、安定感があった。


ぺんぎん勝利。




そして、今日このために見にいったという芸人気質のネタ。


小南「この前映画観にいった」
谷田「何? シックスセンス?」
小南「やってないだろ」


これでちょっとスベったが…


谷田「踊る大捜査線は全部見てる。テレビも、スピンオフも映画も、全部見てる。ただ、最終回だけ見逃した」
小南「最終回に何があった!?」


これで復活。


谷田「名ゼリフも全部言える。事件は会議室で起きてません! レインボーブリッジを封鎖したらいいんじゃないか?」
小南「うる覚えか!」
谷田「歌も歌える。ネバネバサムバディトゥナイ。ネバネバサムバディフォーライフ。アイラビューラララララララララララララーラ…」
小南「ネバとラが逆だ!」


怒涛のような連打。腹抱えて笑ってしまった。客も受けてて、これは勝ったと思ったのだが…。


タイヨウチャンネルも強かった。食パンと食パンの中学生のような会話…という、まあ書きにくいネタなのだが、色々ネタ出しして詰めてったんだろうな〜という濃いネタをやっていた。


結果、タイヨウチャンネル36票VS芸人気質19票くらい。
思ったより差がついたが…


これは私は僅差だったと思う。


先攻後攻が違えば…
気質にもう一つ爆笑があれば…
気質がもう数人客を呼んでいれば、
逆にタイヨウチャンネルが呼んでいなければ…
客層が違えば…


しかし、思うに、芸人というのはその僅差の中で、どんどん差がついていくものの気がする


勝者と敗者は一瞬で交錯する




そして忘れがちだが、


芸人はやっぱり面白いと思った。


もちろんスベってる芸人もいるし、


気に入らないネタもある。


だけど、


日常生活の中で、


3分間の中でこれほど笑わそうとしてくる人はいない


芸人は面白い。


このシンプルな事柄が、芸人の中にいると見えなくなるのだろう。









写真はワンドロップ。


芸人気質は笑ってて、撮るの忘れました。