読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチローという芸名で売れない芸人をやっていました。

長渕剛アリーナツアー「FRIENDS」2009年9・4横浜アリーナ

2年ぶりのANIKIのツアー。初日のチケットをゲット。
開演一時間前に出版社時代の先輩と、カメラマンさんと集合し、酒を入れる。
飲まなきゃやってられないというのはこのことだろう。
信者達についていけるように、ホッピーでテンションを上げる。
ただ難しいのは、飲みすぎると途中で体力が切れることだ。
絶妙のバランス感覚が要求される。

ライブ会場に近づくと、ニセ長渕達が往年の名曲をギター片手に歌っている。
普通の街中よりも、サングラスをかけている人の比率が増す。

開演10分前に中に入ると、既に「つよし!」コールが。
初日だけあり、熱狂的な人たちが多い。
席は後ろの方だったが、観客のグルーブ感がわかるので、これはこれで楽しい。

開演10分後、ANIKI登場。
後ろの席まで届くオーラを持っている。

一曲目「SAMURAI」。一瞬で会場が一体に。「ニッポン!」「サムライ!」と全員で叫ぶ。
日本中が長渕ファンだったら、政権交代なんてしなかっただろう。
二曲目「青春」。わかりにくいサビの部分よりも「ランランララララ…」の部分のほうがノれる。

「BlueJeans」「君のそばに…」「卒業」「かましたれ!」など、『FRIENDS』からの歌を連発した後、ANIKIが語り出した。記憶で書いているので、細かい部分は気にしないでください。

「俺が最初にギターを買ったのは、16歳のときだったよ。頭がいいわけでもないし、足も速くない。陸上競技で表彰される足の速い奴を見て、正直『畜生』って思ってたよ。自分には一体何があるんだ? 必死に必死に探した。そうしたら、楽器屋に、掘り出し物の5000円のギターがあったんだ。弦を選んだんだけど、何も知らない俺は、ヘビーゲージを選んだ。一番硬い弦だよ。弾いていると、指から血が出てきた。だけど、夢中になったよ。ようやく、これだっていうのを見つけた。ギターを引きながら、詩をノートに書きなぐった。夢中で書いたよ。俺はこれだって。それで、ギターを抱えて、東京に出てきたんだ。渋谷のスクランブル交差点の人の多さに立ち尽くしたよ。だけど、不思議と不安はなかった。それよりも、わけのわからない自信があったんだ。だって、夢があったから! 最初に住んだのは新代田って駅だよ。今日から俺、東京の人になる〜」

!!! ANIKIが突如歌いだした。名曲中の名曲「東京青春朝焼物語」。もちろん皆で一緒に歌い出す。
しかし、そのまま歌に移行するわけではなく、また語りに戻っていった。

「不安もなく、歌を作り、ライブを続けていった俺だったけど、一つ心残りがあった。もう死んじまったけど、父ちゃんと母ちゃん。駅のホームで俺が見えなくなるまで手を振ってたよ。そんな毎日の中で、ある日、小さい店ののれんをくぐったんだ。そこにおじちゃんがいて、俺にこう言ったんだ。『そのままの目でいろよ。色んなことあると思うけど、その目でいれば天下取れるから』って。取れたての鯛さばいて、ご馳走してくれたよ。知り合いもいない東京で、俺に親父ができたんだ」

そしてここで、名曲中の名曲中の名曲を歌い出した。

「続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた
西新宿の飲み屋の親父が昨日死んだ

『俺の命もそろそろかな』って
吸っちゃいけねえ タバコふかし
『日本も今じゃクラゲになっちまった』って笑ってた

わりと寂しい葬式で春の光がやたら目をつきさしてた
考えてみりゃ親父はいい時に死んだのかもしれねえ

地響きがガンガンと工事現場に響きわたり
やがて親父の店にも新しいビルが建つという
銭にならねえ歌を唄ってた俺に 親父はいつも
しわがれ声で俺を怒鳴ってた

錆ついた包丁研ぎ とれたての鯛をさばき
『出世払いでいいからとっとと食え』って言ってた



『やるなら今しかねえ やるなら今しかねえ』
66の親父の口癖は『やるなら今しかねえ』」
西新宿の親父の唄/長渕剛


危うく泣きそうになった。「やるなら今しかねえ」はANIKIの名言として知られているが、そんなエピソードがあったなんて。
そして「東京」を歌い、「激愛」を歌い、また語り出した。

「山を必死に登ってきた。登って登って登って、ようやく頂上に辿りついた。

 そこで見えたのは、もっともっともっとでっけえ山だった。」

「俺ももう30年やってるよ。お前達に言いたいことがある。言っちゃうよ。言っちゃうよ…ありがとー!」

溜めた割には「ありがとう」って、割と拍子抜けしたのですが、ここでハプニングが。


ANIKIが泣き出したのです。これは見たこと無かったし、見れると思わなかった。

「お前らのために、俺、がんばって歌うよ!」

そしてそのまま「勇二」と「蝉」に。「蝉」は最近出した長渕の歌で、かなりいいですね。

アンコールは、「ジャングルジム」と「Rainbow」と「FRIENDS」の3曲。

昔の曲がなかったのと、短かったので、アンコールは若干物足りなかったものの、全体的にいいライブでした。


ツイッターアカウントは@kokono516