元売れない芸人の独り言

孤高のコーイチロー、波乗りコーイチロー、ヒキコモリオなどの芸名で売れない芸人をやっていました。

我々は50TAを過小評価していた

「涙が出そうなくらい
ボクはここにいる

こんなに幸せなのに なぜ?
あーなぜ 涙出るの?

君からもらうメールが
とても暖かく ボクを強くする

君を 君と
いろんな国へ 行ってみたい
いろんなとこで キスしたい
いろんなことから 君を守りたい
いろんな夢を 二人でかなえたい


夢からいま目覚めて
ボクはここにいる

目の前にあるのが全て
ああ 全て 現実さ

忘れない 君の事を
この気持ちは 抑えられない

君を 君と
いろんな国へ 行ってみたい
いろんなとこで キスしたい
いろんなことから 君を守りたい
いろんな夢を 二人でかなえたい

いろんな国へ 行ってみたい
いろんなとこで キスしたい
いろんなことから 君を守りたい
いろんな夢を 二人でかなえたい

I was last in for still her
to gest a Singapore
I just heartbreak away you guest Singapore
I can I can sing higher you guest Singapore
Merlion Singapore Singer
You just a sing a Song
作詞・作曲/50TA


ロンドンハーツの企画で、
狩野英考さんの8年先輩の兄(本人)、
50TAが歌った名曲。


「いろんな国へ 行ってみたい
いろんなとこで キスしたい
いろんなことから 君を守りたい
いろんな夢を 二人でかなえたい」


非常に抽象的で、番組ではツっこまれていましたが、
俺はこれはすばらしい歌詞だと思います。


「●●という国へ行きたい」
と限定するところから、
争いや戦争が生まれるのではないでしょうか?
「いろんな国」であれば、誰も傷つきません。


一つのところでキスするから、
マンネリ化し、
別れや、さらには離婚問題にまで発展します。
常にいろんなとこでキスすることを考えれば、
愛を長く保てるのではないでしょうか?


世の中は流動的なもの。
今日の味方が明日の敵です。
「何かから守る」のではなく、
「いろんなものから守る」のが真の男なのではないでしょうか?


そして、夢は一つだと誰が決めたのでしょうか?
いろいろあっていいし、
そしてそれを叶えるのは、
一人よりも二人のほうが楽しいはずです。


限定よりも「いろいろ」。
ここに、幸せの形があるのではないでしょうか?
ただ、英語の歌詞でやたらシンガポールを強調していましたが。


後半の英語部分は正直ヒアリングできなかったので、
誰か知ってる人いたら教えてください。
しかし、J-POPのメロディに英語を乗せていくセンスは
サザンに匹敵すると思いますし、
客にヒアリングさせない歌詞は
まさに桑田佳佑さんの
たかが歌詞じゃねえか
という名言を思い出します。


50TA
ただの芸人の1企画ではない才能を感じます。

ツイッターアカウントは@kokono516